クロケット&ジョーンズ Crockett&Jones の通販店舗【クロケット&ジョーンズストア】

知ればしるほど欲しくなる!人気No.1!オードリー


オードリー雑誌記事
雑誌「最高級靴読本 Vol.4」より
 

 

日本ではクロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)の

なかで人気No.1として紹介されています!

 

細部にいたるまでこだわって作られていることを

紹介するとともに

 

アパレル界のカリスマバイヤーも

太鼓判を押しています。

 

数々の靴を見てきているカリスマたちが

高評価しているということは、

ホンモノということの証ですね。

 

当店でも人気No.1の大人気アイテムです。

 

そのオードリー(Audley)の人気の秘密について

ご紹介していきます。
 

人気の秘密1 パリラスト337ラストの王道ストレートチップ

 

 

2005年にクロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)が

フランス店をオープンした際に

誕生した337というラストを

使用しています。

 

あの「パリラスト」と呼ばれる

ラストです。

 

 

「ストレートチップ」と呼ばれる

革靴の基本とも言われる

オーソドックスなタイプです。

 

基本的なフォルムは踏襲していながらも

ロングノーズ気味のセミスクエアトウの

シルエットなので

 

 

普通過ぎずイタリアのモード靴ほど

尖がってもいない・・・。

絶妙なバランスなんです^^

 

ビジネスにおいてもスーツに相性バッチリですし、

冠婚葬祭においても抜群の相性をみせてくれます。

 

 

人気の秘密2 ハンドグレードシリーズによる品質の高さ

 

より若く高級な牛革を厳選

 

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)の

ハンドグレードシリーズは

より高級なグレードの革を使用しています。

 

具体的にはメイングレードよりも

数か月若い子牛の革を使用しています。

 

牛革は歳を経て成牛になるほど

革が硬くなる性質があるため、

 

その分柔らかく足にフィットしやすい

高級素材となっています。

(もちろん若い方が革の価格は高くなります)

 

見た目では判断しづらいのですが、

より永年にわたりお使いいただけるよう

よりキメ細かく、

高品質を保てるような素材を厳選しています。

 

 

最長1年もの歳月をかけてつくられるオークバークソール

 

 

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones)の

高品質シリーズ「ハンドグレード」には

オークバークソールが採用されている

モデルがあります。

 

オークバークソールとは

ソール(靴底)の種類で、

オーク(Oak)とは

日本でいう植物の樫(カシ)のことです。

 

あまりなじみがないかもしれませんが、

実は家具や建材、ウィスキーの樽等

幅広くわたしたちの生活に使われています。



オードリーでは、”世界最高”の ドイツ革メーカー

「レンデンバッハ(J.Rendenbach)」の

オークバークソールを採用しています。


140年以上の歴史をもつこのメーカーは

数々の高級靴メーカーにも採用されている

いわば「ホンモノ」を造るメーカーです。

 

製造工程も最高にこだわっています。


 

オークをはじめ、トウヒ、ミモザ、

バロネアなどすべて

天然成分からから抽出した

最高のブレンドのタンニン(渋)を使い

 

じっくりと時間をかけて丁寧に

鞣(なめ)していきます。

そうすべて自然成分なんです。

 

これだけ科学が発達した現代で

手間暇かけてつくられているなんて意外ですよね。
 


しかもその製造工程は最長で1年近くに及ぶほど

手間暇をかけて熟練した職人によってつくられています。
 


そうやって長い時間をかけて丁寧に鞣(なめ)された革は

次第に革の繊維が密にキュッとしまってきて、

 

 

  • ・丈夫で減りにくい
  • ・摩擦にも水分にも強い



まさに永きにわたり愛用されるための

最高のソール(靴底)になっていくのです。


またオークで鞣(なめ)した革は

粘りがでてきます。



 

フィッティングは一言でいえば

吸い付くような感じです。

 

なんとなく地面にソールが吸い付くような

心地よいフィッティング感があります。
 

 

 

究極のチラリズム"半カラス仕上げ"

 

 

愛靴家の間では究極のオシャレとされている

靴裏のこだわり。

 

それは・・・足を上げた一瞬だけ見える

足裏のデザイン「半カラス仕上げ」です。

 

ソールの一部を黒く塗ることによって、

黒い部分とそうでない部分のツートーンが

楽しめるという究極のオシャレです。

 

これこそ究極チラリズム。

 

オードリー(Audley)のソールは

地面と触れない部分(ちょうど土踏まずあたり)を

半カラス仕上げにしています。

オードリーのソール
 

美しいツートーンのソールの出来上がりです。

 

人気の秘密3 高品質なのに手頃な価格帯

 

 

オードリー(Audley)と同等程度の革靴として

雑誌等ではジョン・ロブ、エドワード・グリーンの名前が

挙がります。

 

それらの革靴ですと15万〜25万円前後と

オードリー(Audley) の1.5倍〜2.5倍くらいはします。

 

オードリー(Audley)であれば

10万弱で手にいれることができます。

 

まさにオードリー(Audley)は

 

 

  • ・デザイン
  • ・品質
  • ・価格

 

 

と三拍子揃ったオススメ靴です。

↓オードリー(Audley)はこちら↓

 

オードリー ハンドグレード -Audley Handgrade-
オードリー(Audley)

PageTop

  • 友だち追加
    LINEだけのお得情報アリ
    上のバナーをクリック
  • おもてなし
  • 交換返品OK
  • 送料無料


  • 知ればしるほど欲しくなる!人気No.1!オードリー
  • ハンドグレードとメインコレクションの違い
  • 〜必ず一読ください 〜シューツリーが必要な理由
  • サイズの選び方
  • 歴史と伝統
  • 心をこめて検品・発送中
  • 購入後のお手入れ方法
  • 個人輸入をお考えの方へ
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ